elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

Netflixの初回のラインナップはあれで正解なのか?実は戦略あり?

      2015/10/12


Netflixのサービス開始によっていろいろと見えて来たもの

netflix_char

先日、サービス開始されたNetflix。私は当日が仕事休みということもあり
朝からさっそく契約し、触ってみての
Netflixのファーストインプレッションを記事、そしてアニメのラインナップはこちらで紹介している。

さて、そんなファーストインプレッション後。いろいろな人が記事にもしているのだが。
やはりラインナップに関して言うと「期待はずれ」感は否めないのかもしれない。

Netflix視聴レビュー。初日の感想は期待外れ

国内メディアとして並んでいる作品の多くは
フジテレビ系列NHKなど。他の他局の作品はどうにも見つからなかったように思う。
また、映画作品に関してもフジテレビ系が多分に含まれている。
その多くがテレビ放送にて過去に放送されていたものばかりな気がする。

また、アニメに関しても「シーズン1」と「シーズン2」で
権利が違うからなのか、「シーズン2」しかなかったり「シーズン1」だけしかない。という作品もあり
まだまだ、コンテンツの拡充は必要不可欠なのだろう。

ということで、Netflixのアニメコンテンツはこちらで更新しています。
興味がある方はこちらも合わせてご確認下さい。

だからと言ってNetflixは期待はずれと完結させてしまって良いのか?

しかし、そこでマーケティングとして見た時
この流れもNetflix自身には折込済みでは?という疑念が生まれる。

というのも、ファーストインプレッションの記事でも紹介しているが
契約後は1ヶ月見放題というサービスが提供される。
つまり、サービス開始後の「9月2日」から契約した場合、最長で「10月2日」まで視聴ができる訳だ。

となった場合、目玉コンテンツを売りに契約ユーザーを集めてしまうと
その無料見放題の1ヶ月の間に視聴が終わってしまい。課金される時期には離脱者が多くなってしまう。
というマーケティングの戦略があったのは否めない。
そのため、コンテンツが少ない「Netflix」側としてもファーストインプレッションでの「期待はずれ」
という評価にもある意味、「想定内」なのではないだろうか?

では、彼らが次に仕掛けてくる戦略とは一体何かと言うと
上でも欠点として取り上げた「コンテンツの拡充」だ。

私の推察で最も効果的と考えるのは
「9月下旬」の大型コンテンツの提供開始、もしくはニュースの発表。

9月下旬」というのはちょうど無料サービスが切れる頃で
その後の継続利用をユーザーが検討する時期になる
この時にコンテンツの拡充をニュースするのは戦略としてあり
ユーザーはそのコンテンツ見たさに契約を継続するだろうし
一度離れたユーザーも、開始時期には戻ってきてくれる可能性がある。

つまり、実際にNetflixとして勝負となるのは「10月から」だと私は推察している。

…とはいえ、所詮は外部の人間が、マーケティングとして推察した時の話であり
実は思っている以上に、Netflixが目玉コンテンツを用意出来ておらず……。
現状のコンテンツを集めるのだけで精一杯。なんていう惨状の可能性もある。

という意味でも、9月中旬から下旬。そして10月頃
Netflix関連のニュースでは一番の見どころとなると推察しておく。

とは言え私はすでに契約済み。予定どおり、長風呂の時や夜寝る前など。
いろいろと楽しませていただく予定をしています。

個人的には「秘密結社鷹の爪」が見れて嬉しいところw

 - VOD, ヨモヤマ