elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

「ハロウィン」を検索トレンドを追うと言葉の揺れが見えてくる

   


正直、ネタにちょっと困り気味なので「ハロウィン」を調べてみる

正直な話をここでぶっちゃけたいと思う。毎日のように更新しているサイトではある。
(ところどころ抜けている投稿もあったりはするが)

ネタとしてはキーワードを限定たしたSEO的な括りを設けていないので
結構、余裕は存在するはずなのだが……。流石に2ヶ月間毎日のように投稿をしていると
「ネタに困る日」というのは当然のように出てくる。それが丁度今日。

最近流入が多い「Netflix」ネタを何か適当に書けば良い乗っだが
例えば、国内映画の「フジテレビ系占有率」だとか出すのも面白いだろう。
だが、ここ最近どうも「Netflix」ネタばかりの傾向があり
軌道修正をしたい。という感情が芽生えてきている。

というのも、このサイトは日々思うことを綴るサイトであって
「Netflix」を紹介するサイトではないのだ。だから、こればっかりを紹介するのも違う気がするのだ。
(それがNetflixの影響で流入が増えたサイトの言い草かw)

ということで、今回はネタは無いが。
何か1つ投稿するために近々のイベントからネタを求めてひねり出してみた。

秋のイベントと言えば「ハロウィン」。それとも「ハロウィーン」?

さて、秋のイベントというと近年では「ハロウィン」が有名になっている。
いつの間にか日本において、1つのお祭りイベントとして定着しつつあるが
これは一体いつ頃から定着を見せ始めたのか。
それを検証するべく、以前にも紹介した「Googleトレンド」にて情報をさらってみる。

こうやって見ると、どうやら「2011年」頃から
伸びを示し始めていることが伺え、その後は毎年増え続けている。

今ではすでに立派なお祭り行事として日本で地位を確立させているが
そのバックにあるのは、お菓子メーカーなどの陰謀だと言われている。らしい。

さて、そんな「ハロウィン」を調べていて気になったのは
上のグラフにも含まれているのだが、検索キーワードに幾つか揺れに近い別のキーワードがある。

「ハロウィン」「ハローウィン」「ハロウィーン」である。
グラフで見ると確かに「ハロウィン」が正解のように見えるが
他のキーワードもないわけではない。

私は最初「ハローウィン」だと思っていた。
よくよく調べてみると英語の綴りは「Hello」ではなく「Hallo」
なので、ハローと伸ばすと多いに問題があるので「ハローウィン」は間違いだとわかる。

では、「ハロウィン」と「ハロウィーン」どちらが正解なのか?
そうなった時、インターネットとは違う媒体で広まっているのでは?という疑問が浮かんだので
新聞の記事を検索できる便利な「新聞トレンド」にて調べてみた結果がコチラ。

chart_Halloween

驚くことに結果一番多いのは「ハロウィーン」なのだ。ついで「ハロウィン」。
「ハローウィン」に関しては全く記事がない。やはり間違いのようだ。

地域別で比べてみると面白い相関関係が見えてくる。
上記の新聞トレンドではどの新聞社で記事が多いく扱われているのか
をリストとして見ることができる。

chart_Halloween_kiji

「ハロウィーン」の場合は
1位「中日新聞」2位「北海道新聞」3位「読売新聞」となっている。

で、Googleトレンドでも地域別を見る事ができるのだが
「ハロウィン」の北海道でのボリュームは「52」
対して「ハロウィーン」はボリュームが「60」となっている。
“揺れ幅”と言われれば、そうかもしれないが。
現在の新聞購買率などを考えると影響力としてはでているのではないだろうか?

愛知ではどうかというと「ハロウィン」はボリュームが「74」
「ハロウィーン」が「80」となっている。

新聞の影響かどうか。これだけで判断することもできないが
1つの要因となっていることは間違いないだろう。

さて、皆さんの地域では「ハロウィン」それとも「ハロウィーン」?
あ、私のように「ハローウィン」だった人は今すぐ手を上げることw

 - ヨモヤマ