elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

「Netflix」オリジナルコンテンツのテラスハウスが特別版放送に

   


Netflix独占のテラスハウスをテレビ放送するらしい

先日、こんなニュースが飛び込んで来た。

「テラスハウス」再編集してフジテレビ系で放送

Netflixで独自コンテンツとして「フジテレビ」が卸している「テラスハウス」を
特別版としてフジテレビでテレビ放送するというものだ。

terrace_house_SVOD_netflix

Netflixがサービスを開始した時
1ヶ月無料サービスがあることから、次の契約継続へとつなげる為には
9月後半から10月に掛けて新コンテンツの逐次投入が必要。
と私が推察していたが、どうやらそうなったようで
10月1日に調べてみるといろいろとこれまでに見たことない作品が散見される。
私は興味ないが「AKB48」のドキュメント番組なども追加されている。

コンテンツ追加と共にNetflix。そしてフジテレビが狙うのはこの「テラスハウス」特別版の放送による
「新規開拓」という新規ユーザーを刈り取りする形の方策を取った。

となると、どうにもNetflixの契約者数が伸び悩んだから
ブースト的な考えで「テラスハウス」の特別版を放送することで
刈り取りを行っているように思えるが、そうではない可能性があると私は推察している。

どうしてNetflixの新規契約数が伸び悩んだではないと推察するのか

私が推察するのは、すでにコンテンツ提供の契約した時点で取り決められていたと考えている。

その理由として「テラスハウス」は現在視聴率で伸び悩む
フジテレビにしてもキラーコンテンツであるから
独占として出してしまっては、フジテレビに旨味が少ない。

そこで、契約時に「1ヶ月遅れで放送させてください。これで御社の宣伝にもなりますから」
という言葉があったかどうかは知らないが。そんな目論見があるのは容易に予想ができる。
そうなったら、Netflix側も頷かずには行かない。
当然だが、本編が気になりNetflixへの契約者も増える。
すまり、新規ユーザーの掘り起こしだ。

そうなった時、もう一作品。フジテレビから提供されている
「アンダーウェアー」というドラマに関しても
今後、同様の展開が待ち受けている可能性が高い気がする。
2時間ドラマなどにまとめられるのではないだろうか?

しかし、どうやらNetflixは今現在注力することとして
「新規開拓」に決めてしまったようだ。
それはつまり、契約した人たちへの新しいコンテンツ。
目玉となるコンテンツ追加に注力するつもりは、ここしばらくない。という推察になる。

とは言え、まだまだ10月は始まったばかり。
今後のコンテンツ追加に対しては注意深く見ていきたい。とは思う……。

どうしてNetflixは新規開拓に注力するのか

Netflixの思惑として、SVODなどの便利になるサービスというのは
契約してしまうと解約者が少ないと言われている。
理由は簡単だ、人は挟持した”手軽さ”に慣れてしまうと足を洗うのに労力とストレスが伴う。
今更、言葉を調べるのに辞書など引きたくない。という感覚と同じで
様々なコンテンツを見放題のNetflixから離れられない。

そういう判断があるのではないか。
確かに9月に入ってAmazonが「プライムビデオ」というサービスを開始し
SVODは大きく賑わいを見せている。

しかし、ユーザー側からするとどこと契約しようかと様子見をしている時だ。
実際、ゲオが始めると言っているSVODは来年の始まりで
ユーザーの中には、そこまでは様子見。とする人もいるだろう。

そう考えると目玉コンテンツを提供するのにもっとも良い時期というと
すべてのSVODが出揃った頃、これ以上選択肢が出てこない状況で
勝負を掛ける意味で目玉コンテンツの提供へと踏み切る方が
ユーザー離れを抑えられるのではないだろうか。

そう推察すると、目玉コンテンツが登場するのは……
来年以降というのが自然な考えだろうか。

 - VOD