elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

ペンギンアップデートがリアルタイムになる。年内には来るのか?

   


ペンギンアップデートがついにリアルタイムになって帰ってくる年内に?

penguin_update

海外情報などを積極的に紹介してくれる鈴木さんが
先日、大きな変更についての確認を行った事をツイートしてくれています。

ついにペンギンアップデートがリアルタイムで対応することになるようで
これが年内には導入される予定をしていることまで確認済みとのこと。
少し前にその憶測を呼ぶ話題がSEO界隈では囁かれていたのですが
ついにリアルタイムの時代が来ることで決まりなようだ。

そもそも、ペンギンアップデートってなんだ?
という人のために、簡単に紹介をさせていただくと

ペンギンアップデートとは
スパム行為や不正行為、良くない対処によって
順位操作を行おうとする行為に対して、判断するアルゴリズムのことです。

つまり、バリバリの被リンクサイトからのリンクを設けることで
注目を集めているサイトだと偽る「ブラックハット」
これらの行為について順位操作を行っていると判断するアルゴリズムな訳です。

今回のアップデートではリアルタイム対応を導入する予定とのことで
これは去年に行われたアップデートでも言われていたことなのですが
上手くアルゴリズムが作動せずこれまで通りの手動へと戻されていました。
それが満を持してのリアルタイム対応となる訳です。

じゃあ、リアルタイムというのは一体なんだ?
というのが当然の疑問として存在する。

これを紹介するのに現状を分かりやすくまとまっている記事を紹介しよう。

パンダ・ペンギンは現在「リアルタイム更新かつ手動更新」に

今回のGoogle発言によれば、この「採点」は自動でリアルタイムで行われているようです。
しかし、この「採点」が終わっても、すぐにGoogle検索のデータベースに反映されるわけではありません。そのため、「採点の結果」は、データベースに反映されないまま、蓄積されていきます。
この蓄積された「採点の結果」を、Googleは手動で検索データベースに反映します。このとき、はじめて検索順位への影響が発生します。

と書かれている。
この考え方を私は支持をしており、最後の最後を手動対応だと考えると
今回のりアルタイム対応というのは「手動」が「自動」対応になるということ。
では、どうなるのか。順位が乱高下するのか?
と思いがちだが、そうなることはないような気がする。

多分、これまで手動にて採点結果を判断し
一定時間毎に採点の結果を反映させていた作業。
そのものを「自動」にするだけだろう。
そこにGooglebotが持ち帰ってきた採点をすぐさまリアルタイムで反映させる。
という意味合いは含まれていないように思える。

なぜか、理由は簡単だ。順位があまりにも乱高下する。というのは
ユーザー的に考えてノーサンキューな処理だからだ。

「○○で検索したら、なぜかトップに●●サイトが出てきてさ」
という金曜日のネタ帳に使えそうな会話があったとしよう。
でも、次に今調べてみたらトップにあるのは別のサイト。
これではサイトを見てもらおうとした人間と意思疎通が行えない。
過剰な順位変動はユーザーエクスペリエンス(略、UX)的に考えて便利になっているとは言えないのだ。
これまでUXを重視してきたGoogleとしてはそんな愚の骨頂のような対応はしないだろう。

そう考えた時、順位の乱高下はありえない。と判断出来るわけだ。

と、考えた時、今回のリアルタイム対応についてどんな変化があるのか。
なかなかに見モノではある。が、個人的にはそれほど変化はないのでは?
という推察をしている。

 - SEO