elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

どんなデータでも、弄る人間は基本的に私は信頼していない

   


データ解析するから思うのだが、データ改ざんする人は……

先日、会社での出来事の話をしたいと思う。
SEOに従事している私は、調査対象のデータをGRCなどで取得し
それらをExcelファイルにてデータを集積したり
アナリティクスのデータを分析し、解析して分かりやすくまとめてプレゼンなどする。
それらのデータには他の社員や上司へのプレゼンデータなので
データ共有。どんな人があとで見返しても分かるように作るのが責務だと思っている。

old_age_Trust

そんなGRCのデータを転記している時、一部のサイトで大きく順位を下げ圏外に吹っ飛んだ。
……ように見えたがそうではない。
調べてみるとその会社がドメイン自体を変え、新しいドメインへと移転していることが判明した。
まったくの別ドメインにて移転を行った結果、そのキーワードが新ドメインでの順位を獲得し
旧ドメインではランキングしなくなった。そういう事実が隠れていたのだ。

さてこの時、私の対応としてはこうだ。

まず、旧ドメインでの結果として圏外はしっかりとデータとして残し
新ドメインの項目を増やし、今後はこちらも調査対象とする。

一番、問題のない対応だと思う。

しかし、先輩社員がこんな指示をしてきたのだ。

「そこ、抜けてるところに順位書いといて」
「え? 旧ドメインに新ドメインの順位いれるんですか?」
「うん、そう。分かりやすいだろ?」

分かりやすくねぇよ! と心で毒を吐きながら指示には従った。
つまり、旧ドメインの順位データに新ドメインの順位データが混じった
情報データが完成したことになる。

この瞬間から先輩に対する私の評価は地に落ちていると言える。

というのも、客観的事実に基づくデータというのは
そのデータが客観的事実に基づいているから効果があるので
誰かの主体性の、バイアスが掛かった情報など
その人物が余程の名声や名誉・聖人君子でないかぎり効果効能など
尻の毛ほどにも価値が無い。いや、まだ尻の毛の方がある。(……たぶん)

それだけ「情報を扱う」というのは神聖なことであり
その情報を妄りに改ざんしたり、修正したりするというのは人の信頼を多いに失う行為。
だと、私個人は考えている。

なぜなら、そういう人間はどんな状況でもそういう事をするからだ。
する・しないを自分の判断で行う人間は
様々な状況下で、「する」という選択肢を選ぶ人間であり
そのハードルが低い人間だと、私は私の人生訓として持っている。

例えとして持ち出したくはないが、五輪のエンブレム問題にしてもそうだ
そういう意識が低い人間というのは、気付かれ、誰からからお咎めを得ないかぎり
それを自分の中でセーフだと認識し、より簡単でより面倒の少ない方向へと、ズルズルと堕ちこんでいく。

今回の場合も、「分かりやすいだろ」の一言に集約されている。
つまり、先輩社員は他社員に新ドメインが追加されたことを説明するのが面倒だったから。
データを混ぜ込み説明する機会を伸ばしたにすぎない。

とは言え、先延ばしただけで、旧ドメインは使われなくなり新ドメインへと移行しなければならない。
だったら今やっても手間は同じである。

データを混ぜる。という無様な行為を露見する前に
しっかりと誠実な対応さえしていれば、人からの信頼を失う。という、最悪の結果を残さずにすむのだ。

“データ”の取扱を慎重にするからこそ信頼が生まれる

私もこのサイトで、何度となくデータを紹介しさまざまな統計情報を元に推察を展開している。

正直、裏付けとなるデータが見つからず投稿できなかった。ボツにした記事はいくつかある。
別に統計データや資料情報などが調べられなくて、なんとなくで紹介することもできるだろう。
「そうに違いない」「だと思う」という魔法のコトバで片付ければ
アナタの思いはそうなんですね。と読んでいる人にもやんわりと伝えることもできる。
しかし、そこには何の裏付けもなければアナタの考えを裏付ける証拠もない。
その情報にどれだけの価値があるのだろうか?

上記で紹介したようにそんなどうでも良いような情報は余程の名声や名誉・聖人君子でないかぎり
効果効能など尻の毛ほどにも価値が無い。のだ。

そういう意味でも、情報を取り扱う。というのは私の中では誠実でなければならないと信じている。
情報は管理運営する人間が容易にバイアスをかけられるデータだ。
管理している人間が「DEL」キーを使い、削除した後に数字を入れれば
それですべてが書き換えられる。

だからこそ、情報には精確さと共に誠実さが重要なのだ悪いデータは悪い、良いデータは良い。
それを無可変にてありのまま公開するからこそデータとして、情報としての価値と共に。
公開した人物や団体に対して信頼が寄せられるのである。

そう考えるからこそ、先輩社員が行った行為に対して小さいことだから。
という理由で許されはしない。と私は判断し信頼を失ったのだ。

……あ、元からこの先輩社員に対して大した信頼もなかったw (テヘペロ

 - ヨモヤマ