elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

利用しているWEB上のSEOツールを厳選して紹介

   


SEOツールの紹介。これでSEOもバッチリ?

drill_tool_sem_seo

SEOとして従事し、仕事としている人は
結構、WEB上に上がっているSEOツールというのを
多用して仕事をしていることが多い。

ということで私が日頃から使っていたり、お世話になっている
ツールを数点紹介したいと思います。
個人的には備忘録のようなものでもあるので
私個人の視点で使い勝手などを記載しています。

皆さんも利用できるツールがあればお試し頂きたい。
基本的には無料で使えるツールを紹介するが
中には有料にてより良いサービスにアップグレードも可能なサービスがあるので
利便性を求めるなら課金するという方法もあります。
詳しくは対象サイトで確認下さい。

あと、基本的にはSEOのツールは海外製が多い為
英語をある程度は読めないと理解するのが大変。
私はGoogle先生にお願いしながら身体で覚えていくタイプw

Wayback Machine(英語):過去データを漁るならこのツール

http://archive.org/web/web.php

URLを入力することで、サイトの過去履歴をキャッシュ情報を元に確認することができるツール
大変便利でいろいろなところで利用させてもらっている。
とはいえ、サイトが弱小すぎるとデータが残っていないこともあるので
“万能”という訳ではないことを理解しておかないといけない。

利用シーンとしては、競合他社の更新情報を確認。
更新部分やどこに力を入れているのか、データを調べられるので
相手の戦略等を確認することができる。

被リンクサイトの更新や過去、どこにリンクを貼っていたのか。などなど、使い方は様々だ。
データの取得は頻繁に行われている訳ではないので
残っている時期、残っていない時期などがバラバラなのはご了承頂きたい。

SEMrush(英語):総合的なSEO・SEMの情報取得に

http://www.semrush.com/

総合的なSEO、SEM情報を調べることができるサイト。
英語表記ながら、検索結果で「JP」が選べるので
日本向けでも利用が可能。ついでに無料でもある程度調べられる。

こちらのサイトを使う利点の1つが
「オーガニック」と「ペイド」のそれぞれのトラフィックを確認することができる事。
これで競合他社の力の入れようを確認することができ
今後の広告方針などの一助にできる。

特に「ペイド」ではどんなキーワードで広告を出しているのか
無料ながら幾つかキーワードを閲覧できるので
自社で出していないキーワードがないか。調べられるのが良い

他にも似たような機能を提供しているモノとして
Ahrefs」や「SimilarWeb
などもあるので好きなのを利用してみては如何だろう。

WAVE(英語):記述ミスなどのチェックツールに

http://wave.webaim.org/

サイトをスキャンし記述ミスや問題部分を分かりやすく解析してくれるサイト。
Googleがユーザービリティを強化するということは
こういう記述ミスそのものがSEOとしても関わってくる可能性を孕んでいる。
ミスを1つずつ自分で調べるのは恐ろしいほどの労力がかかるが外部のツールでさくっと調べて
1つずつ修正していくのは手軽に対応ができる。

以上

英語ばかりのツール紹介となったが
結構使えるツールであり、海外のSEO従事者も使っているツールだ。間違いはない。

とは言え、最後になるが言っておくと
これらを使ったからと言って順位が上がるわけではない。
使っての地道な努力の結果、Google先生が気ままに順を操作してくれる。
私自身はそういったスタンスで見ている。

学校の先生にアピールするのと同じである。
怠けていれば、先生の評価もその程度にしか取られないし
しっかりと日々勉強をし宿題を毎日提出していれば評価も上がる。
しかし、毎日提出する宿題が間違いだらけや、適当な論文ばかりになれば……。
評価がその程度にしかならないのも当然の結果である。

これらのツールはサイトをより良い方向、競合他社の情報を
知るための1つの道具でしかなく、自分のサイトをより良くするのは
自分自身が動かなければならない。

宿題代行にお願いした結果が先生により良く見えているか。
よくよく考えてみるべきではないかと思っている。

 - SEM, SEO