elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

2015年春アニメが終わって…。夏アニメが始まる…。

      2015/08/24


2015年春アニメを振り返って、夏アニメに備える

プロフィールにはゲームしか書いていないが、個人的にはアニメや漫画など
昔は「サブカルチャー」などと二番手を歩んでいた文化が好き。
COOL JAPAN」などと言っており、すでに「サブ」の文化ではなくなっている。

とは言うが、正直な話。全てのアニメをチェックするほど暇な訳じゃない。
仕事もあるし、趣味のゲームもしなければならない
そんな、お時間一杯一杯の私ながら2015年春アニメについて書いていきたい。

まだまだ、このサイトで書きたいこと。書いていないことはいっぱいある。
なんと、私。「ジョジョファン」なんです!
ということで、2015年春アニメでの注目株。第一位はもちろんコチラ!

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース

jojo_anime©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SC製作委員会

ジョジョの奇妙な冒険 エジプト編
去年に前半部分が放送され、ようやくの春に始まったのがエジプト編。
満を持しての完結へと向かうために承太郎一行がエジプト入りしディオへと迫る。

そんなディオ戦を描いた終盤の「DIOの世界」では
ディオの声を演じている、声優の子安武人さんのディオっぷりが素晴らしいw
ホント、名演技に「そこにシビれる!あこがれるゥ!」

また、演出でいうと、OPの演出も大変良い!
opの終盤、楽曲の途中でディオの「ザ・ワールド」が発動し、楽曲自体も止まる演出。
この演出に衝撃を受けた。と共にOPに3Dモデリングを使っていた理由がわかった気がする。
洒落た演出に個人的には気に入っている。

ジョジョの奇妙な冒険はヒットコンテンツ間違いないはずなので
このまま第四部もぜひともお願いしたい。
というのも、ジョジョで好きなのが第四部。
特に広瀬康一の成長する姿、逆境に真っ向から向かうあの意思の強さが
本当に好きなんですよ。ぜひお願いしたい!

響け!ユーフォニアム

響け!ユーフォニアム
アニメ制作でファンからも期待と羨望で一目置かれている「京アニ」制作
原作があるそうだが、原作は知らず。なので、アニメ部分のみで感想を展開。
それでも、さすがは京アニ、出てくるキャラクターがいずれも魅力的。
その魅力を支えているのは、キャラクターそれぞれの「瞳」だと思う。

でも、ほとんどのアニメが瞳を細部まで描くようなことはない。
なぜ細かく書かないのかというと作業の効率化からくる。
細かく書き込むことで起こるのは、作業工程の量の増加であり
作業工程が伸びれば、制作期間も伸び。
アニメを作る労力も向上し、制作費用の向上にまで繋がる。

描く工程をあまり増やさずにそれを実現したのがアメリカのピクサー。
ピクサーは3Dアニメーションへと転換することで、瞳を活かしてキャラクターの演技力を向上させ
より観客を惹き込むことに成功している。

そう、人間の瞳というのは、一般に思っている以上に相手に意思を伝えることができる器官なのです。
よく「相手の目を見て話せ」と言いますがあれは
お互いの言葉だけでなく、瞳を通しての意思を読み取ろうとするから使われる言葉なのです。
一節によるとコミュニケーションを取るため、他の動物と比べて
人間は白目と黒目に分かれているなんて言われていたりします。

そういう意味でも瞳をしっかり描き。瞳の表情で演技させるだけの作りこみをしてきた京アニ。
大いに物語へと惹き込むと共に、キャラクターへの共感を呼び
アニメとしての良さが出ていたと私は思います。

話としては吹奏楽部を舞台にした話。その中で県大会へと向けた選抜戦を乗り越え
部全体が悲喜こもごもを味わいながらも、大会での金賞を取りに行こうと奮闘する。
目標は全国大会だが、今回は県大会までで終わり。

アニメだけでなく、漫画においても表情というのは
大変重要な役目を持っている。この点、ちょっと書きたいネタがあるので
今度、別投稿で書いてみたいと思います。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンまち」なんて略されるライトノベル原作のアニメ
こちらも原作はまったく手を出さず。
すみません、ホント最近、本を読むというと専門書なんかが多くて…。

さて、話の紹介をしたいところだが…。この作品に関しては別の部分で言わせて頂きたい。
ラノベで本当によく見られるのだが、作品「タイトル」を適当に長文にする流れ
正直、嫌いです。
まあ、タイトルをつけるのは著者の自由であると共に
「画竜点睛」の如く、自分が作ったストーリーを紹介するための重要なファクターと言えるのですが…。

私が嫌いな理由として、人に説明したり、紹介するのが面倒くさいw

「ほら、あの最近の『ダンジョンにデイアイを求めるのは間違ってるだろうか』――」
「間違ってるんじゃない?」

なんて、作品の題名と受け止められず。面倒、この上ない。

そんなタイトル批判はこれぐらいにして。アニメに関して
普通に楽しめました。お人好しの主人公がいろいろな人に助けられ
騙されながらもしっかりと目標を見据えてただひたすらに強くなろうとする
その意思の発露には感動を覚え、演出をうまくできている。
しかし、気になるのは、主人公がそういうピンチを向けた時
最初は助けられ、次は自分で切り抜け。その後も切り抜けていくのだが…。
正直、ワンパターンの力押し。意思の力で強くなって撃破するパターンだけ。
そこは頭を使った戦い方や、仲間の力を借りて(最終話の戦闘はそれに近いが、結局最後は自分だけ)
なんていうのがあってもいいのだが…。
今後、第二期があるようなら。同じような展開が続いた時にはヘキヘキする。
とは言え、第二期を見るのもやぶさかではない。

あとは駆け足で簡単に紹介を!

いや、普通に長文になってしまったので駆け足で申し訳ない。
ここからは簡単に紹介。

ハロー!!きんいろモザイク」こういう、ほんわか系のアニメは
落ち着いて楽しめるので好き。
よほどの作画爆発さえしなければ、見続けますね。ほとんど、惰性って感じw

血界戦線」上とは打って変わっての殺伐ものw
正直、原作者の「内藤泰弘」さんらしい味にあふれた、一捻り・二捻りキャラクター達。
技のカッコよさは秀逸w
そんな血界戦線だが、まだ最終回は放送されていない。
枠に収まらないという妙な言葉による延期だが…。
ある意味で戦略か? と、ちょっと勘ぐってたりするw
(ホント、ひねくれ者だな私w)

あと、タイトルにある「夏アニメ」ですが…
こちらの記事で公開していますので、気になる方は読んでみてくださいな。

2015年夏アニメが始まるぞ! ということでチェック

 - アニメ