elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

民法5社の「TVer」が始まるが地方局はどうなった?

      2017/05/12


TVerはSVODに対抗できるのだろうか?

10月26日から在京民放キー局5社が共同で
広告付きの無料配信サービス「TVer」のサービスを開始した。

vod_tver
©NTV, テレビ朝日, TBSテレビ, テレビ東京, フジテレビ 2015 All Rights Reserved.

民放5社による無料見逃し配信「TVer」が26日スタート

詳しくは記事の方でもまとめられているが、重要な部分の一文を引用させていただく。

各社が10番組/週程度の最新コンテンツを、放送終了後から次回放送までの一週間程度無料で配信するキャッチアップ(見逃し配信)サービスと位置づけられている。

つまり、見逃した番組も次の放送がある一週間以内なら
広告付きだが視聴することができる。という視聴形態になっています。
利用するユーザーの誰もが気になる「広告のスキップ機能」はないようです。
私が体験した時には、テレビ局の番組CMが2つ流れる形で放送されました。
まあ、まだ始まったばかりで企業広告などは値段が付かないからなのでしょう。
今後さらに普及しユーザー数が伸びてくれば、外部の企業広告なども配信されてくるとは思います。

今回、面白いのが上記で紹介したように在京民放キー局がメイン。
つまり「日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョン」
が共同で立ち上げたことになっており
それぞれの企業が提供しているいくつかの番組が見ることが出来る。という訳です。

まあ、言うまでもないでしょうが、本場アメリカの「SVOD」が日本へと参入を始め
これ以上、手をこまねいていると日本のコンテンツ産業を食い物のされてしまう。
という危機感から始まった対応であるのは明白です。
外圧で初めて取り掛かるのではなく、積極的に出来ないのが日本の古い体質の悪いところです。

とは言え、TVerを提供している側の思惑を推察すると
SVOD(月額定額制)でのサービスは本当にユーザーに受け入れられるのかまだまだ不確定要素。
だったら、まずは広告料にて運営を行い、ユーザーの反応を見てからでも遅くないでしょう。

……なんていう話し合いがあったのは容易に推察できます。

ホント、なんとも情けない
危険を冒しながらも目標を立てて進まなければ
より良いビジネスの果実を手に入れることなどできないというのに……。

いや、もしかするとテレビ業界人として安易に移りたくない意地があるのだろうか。
テレビ屋はテレビ放送網に乗せて初めてテレビ屋だ。とかいう「意地」みたいなものがあり
紆余曲折あったのちに「一週間分しか配信しない」という中途半端なものが「TVer」なのかもしれない。

SVODとして「Netflix」のサービスを受けている私から言わせていただくと
VOD関連の良いところというのは、シリーズ物を時間のある時にまとめて視聴できる事でもあります。

しかし、今回の「TVer」には一週間分という規制があり、それができない。
本当に見逃した番組を見るぐらいしかできないのが現実。
そんな提供で本当にサービスとして成功するのだろうか?
考えて欲しい、テレビを視聴する人が減っているのは事実だ。
つまり、いま視聴している視聴者層がそもそも少ないのに
見逃したから、「TVer」を使ってみる。というヘビーユーザーがどれだけいるのだろうか?
それも一週間という制限付きで。

さてさてどれぐらいユーザーに受け入れられるだろうか。
個人的な感想では、気付かないうちに終了していそうな気がしなくもない……。

とは言え、「TVer」には個人的に気になってることがあります。
それは私が大阪在住であるということ。
つまり、今回名前を連ねているのは在京民放キー局ばかりで
地方、ローカル局はまったくタッチしていない形になっています。
実際、「ビフォー・アフター」や「プレバト」「こんなところに日本人」なんか
在阪キー局制作のコンテンツは配信されていません

結局のところ、在京民放が寄り集まって
東京中心のコンテンツ提供を先を、全国で利用できるユーザーへと提供している
だけでしかない。
確かに東京は人口が1番多いが、ローカルにはローカルの人気番組があり
それを視聴して生活している人がいる訳だ。
だったら成功させるためには、全国的にこれらを展開する必要がある。
東京だけカバーしていたら良いだろう。というのは、在京民放の悪いところだ。

その後、在阪局のテレビ番組も一部が「TVer」で取り扱われるようになっているが
どうも、在阪局の中には独自にオンライン配信サービスの提供を始め
そちらとの併用を行っているところも少なくないようだ。

 - VOD