elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

GoogleAnalyticsをアドオンでスプレッドシートへ流しこむ事で共有可能

      2015/11/10


Googleアナリティクスをスプレッドシートのアドオンを使うことで流し込み可能

今回の記事は私の備忘録のようなもの、私が会社で行った
「GoogleAnalyticsのデータをアドオンを使って
スプレッドシートへと流しこむことで他部署間でデータ利用を可能にした」

この処理をまとめて置きたいと思います。

まず、この作業をするために参考にさせて頂いた投稿を紹介。

Googleアナリティクスの分析はスプレッドシートのアドオンで全自動化しよう

こちらの記事を参考にさせて頂きました。
説明に画像付きで大変分かりやすく良い記事だったので
皆様も分からなくなった時には参考にしていただければと思います。

他部署間でGoogleアナリティクスのデータ共有が必要に

まず、事の始まりはGoogleAnalyticsのデータを他部署間で共有できないか。
という思いからでした。
そこで、当初はGoogleAnalyticsのデータへのアクセス権限を与え、閲覧してもらう形で話が進んでいたのですが
実際、権限を与えて簡単なレクチャー等を行った程度では理解が進まず。
もっと簡単に手が出せる方法は、と考えスプレッドシートへと流しこむ方法が書かれた
上の記事を見つけた訳です。

スプレッドシートにGoogleAnalyticsのアドオンを追加

共有させると言っても作業としてはGoogleAnalyticsでは行いません。
スプレッドシート側で行うことばかりなので、スプレッドシートの準備も必要になります。
スプレッドシート」はGoogleが提供している表計算ソフトで
無料ながら豊富な機能で、利用頻度の高いソフトです。

それではまずはスプレッドシートを立ち上げて貰って
新しいスプレッドシートを作成します。スプレッドシート画面の右下の「+」で作成です。

spreadsheets_menu_addon

続いては「Googleアナリティクス」と接続するためにアドオンを導入します。
「アドオン」>「アドオンを取得」を選択して下さい。
するとアドオンのリストページが開きます。

spreadsheets_addon_list

ここで「Google Analytics」を選択します。検索、もしくはアイコンから選んで下さい。
その後、「+無料」ボタンを押すと導入が完了します。
導入が完了するとメニューの「アドオン」の直下に「Google Analytics」という項目が増えています。

スプレッドシート上にGoogleAnalyticsのデータを展開

それでは導入したアドオンを使ってGoogleAnalyticsのデータをスプレッドシート上に呼び出しましょう。

spreadsheets_addon_analytics
「アドオン」>「Google Analytics」>「Create new report」
を選択するとスプレッドシート上に下のような画面が表示されます。

spreadsheets_analytics_new_report

1)Name Your Report
レポート名でこれがシート名にもなるので分かりやすく設定します。
部署間を考えるなら「営業部_●●」と設定するのもアリ。

2)Select Account Infomation
取得するGoogleAnalyticsの「アカウント」「プロパティ」「ビュー」を選択します。
利用するGoogleアカウントでログインしていると自動で設定してくれます。

3)Choose Metrics and Dimensions
ここでGoogleAnalyticsでお馴染みの「ディメンション」「マトリックス」を指定します。
と言っても「マトリックス」ってなんだ?となると思いますが
日本語表記では「指標」となり、アナリティクスで言うと目標コンバージョンになる訳です。

注意点としては、アドオンはまだまだ日本語化されていません。
そのため、ディメンションやマトリックスがすべて英語表記です。
馴染みやすい「User」「Date」などわかりやすいのもありますが
少々難解な英語もありますのでご注意を。

また、ここですべてを選択する必要はありません、あとで修正が可能です。

選択したあとは「Create Report」を押して下さい。

すると新しいシート「Report Configuration」が作成されます。
ここはGoogleAnalyticsへとアクセスするための管理シート
と考えていただければよろしいかと思います。

spreadsheets_Report_Configuration

それぞれの項目は

「Report Name」 生成したデータを流し込むシート名になります。
「Type」 デフォルトの「core」のままで
「View (Profile) ID / ids」 ここにGoogleAnalyticsのナンバーが。このままでOKです
「Start Date」 データ取得開始日。入力は「YYYY-MM-DD」(例:2015-10-22)
「End Date」 データ取得終了日。入力は「YYYY-MM-DD」(例:2015-10-22)
「Last N Days」 直近N日前からデータ取得。上の「Start」「End」と競合した場合
コチラの方が優先される模様
「Metrics」 日本語では「指標」の抽出データを指定
「Dimensions」 日本語では「ディメンション」の抽出データを指定
「Sort」 設定した「Metrics」「Dimensions」の順番にソート。復数設定可能で上から順に優先される。降順は「-ga:date」で判断
「Filters」 フィルター設定
「Segment」 セグメントの設定
「Sampling Level」 「DEFAULT」「FASTER」「HIGHER_PRECISION」3つから設定
それぞれ、通常、パフォーマンス優先、精度の優先。通常で十分
「Start Index」 初期値は「1」。リストが多い時に始まりを指定することでページ送り機能として対応できる。
「Max Results」 データ取得範囲の指定。
「Spreadsheet URL」 ここに別のスプレッドシートを設定すると データ吐き出し先に設定することが可能になります。

「Filters」以降は私もあまりイジらない部分なので情報があまり持ちあわせていません、ご了承を。
特にセグメントはなかなかに複雑な問題。別途調査をヨロシクお願いします。

好きな情報項目の追加で、アナリティクスデータを抽出

さて展開のところでも書きましたが管理シート上で
「Metrics」「Dimensions」などの修正が可能です。

例えば、「Metrics」に「ga:users」しか無いところに「ga:goal1Completions」と追加すると
「目標1の完了数」を結果に付帯させることができます。
このように専門の呼び出しコマンドさえわかっていれば好きなように条件の呼び出しが可能です。

とは言え英語。英語が理解できない私のような人間にはなかなかの試練。
ということで、いろいろと多用する「Metrics」「Dimensions」の日本語訳を
簡単に載せておきたいと思います。

「Metrics」

「ga:goalXCompletions」 「X」は数値。目標Xの完了数
Xの数値を変えることで復数の目標に対応
「ga:goalXAbandons」 「X」は数値。目標X到達プロセルの放棄数
「ga:users」 ユーザーの数を取得。
「ga:newUsers」 新規ユーザー
「ga:pageviews」 ページビュー数

「Dimensions」

「ga:date」 日付。「YYYY/MM/DD」
「ga:hour」 時間。24時間表記
「ga:minute」
「ga:sourceMedium」 参照元/メディア
「ga:pagePathLevel1」 第1階層

他にも様々な「Metrics」「Dimensions」がしっかりと用意されています。
下のページはGoogleが提供しているAPIの紹介ページ。
英語ではありますが、検索もできるのでどうぞ。

アナリティクス Core Reporting API

以上から抽出に必要な「Metrics」「Dimensions」が見繕ったなら
ようやくGoogleAnalyticsから情報の抽出を実行しましょう。

抽出を実行するにはメニューから
「アドオン」>「Google Analytics」>「Run reports」を選択して下さい。
すると暫く処理した後に、「Report Name」に指定していた
名前のシートが新しく作られ、そこにデータが出力されるはずです。

もしもエラーが表示された場合には、簡易的なエラー文が表示されますので
それを参考に表記ミスなどの確認を行って下さい。

出来たスプレッドシートを他部署間で共有

これでスプレッドシートへのアナリティクス情報の吸い出しは終わり。
ですが、ここからは他部署間へと共有させるための情報へと移りたいと思います。

他部署間へと共有するなら、設定方法など簡単なヘルプを設けておくと
親切設計になるはず。シートを追加してヘルプを作っておきましょう。

それでは早速、共有する方法を紹介したいと思います。
メニューの「ファイル」>「共有」
「他のユーザーと共有」が現れます。

spreadsheets_Share

ユーザーの項目に相手のメールアドレスを記入して下さい。
注意点は属性を「編集者」にすること。日時などの情報を変更する必要があるので
「編集者」でないと数値の変更ができず、情報を取得できません。
あとは「完了」を押すと相手先にメールが届きアクセスするためのURLが掲載されているので
アクセスするだけです。

注意点としては、相手先でもアドオン「Google Analytics」の導入は必須です。

以上で、スプレッドシート上のGoogleAnalyticsのデータを
他部署間で利用することができます。

正直な話、他部署間でデータをやり取りするなら
GoogleAnalyticsに閲覧権限として与えて
専用のレポートを制作した方が、より簡単に対応できることなのですが
こういう形での転用が可能なのだと、知見を広めていただければ幸いです。

 - SEO