elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

オンラインゲーム事業の詐欺って?どうしてお友達紹介で配当が?

      2017/05/19


オンラインゲームで詐欺ってどういう形なんだ?疑問に思った

gambling_casino

いつも記事を読ませて頂いている永江一石さんのブログに

世の中に詐欺や悪徳商法のネタは尽きない。さおだけからネットゲームまで

という投稿がされていました。
最近の詐欺事情を克明に記事にした内容で
未だにこういう詐欺に引っ掛かってしまう人がいるのも事実。
最近の傾向や状況を知ることで、不自然さを
しっかりと見ぬくだけの判断力を養えるように読んでいただければと思います。

まあ、そんな詐欺の中で私個人的に気になったのが「オンラインゲーム」の詐欺です。

オンラインゲームにはまっていた時期もある私は
「オンラインゲームから詐欺」への繋がり方がどうにも理解することができませんでした。

なぜなら今やオンラインゲームは無料でも遊べる時代。
ガチャや成長促進ポーションなどの課金アイテムを提供する形で集金するシステムがあります。
月額制のオンラインゲームはすでに厳しい現状に立たされている訳です。

少し前まで遊んでいた「ドラゴンズドグマオンライン」でも
無料で基本的には遊べるシステムで提供されていました。
つまり、ここ最近のオンラインゲーム事情というのは、無料で遊べる現実があるのにどうして詐欺に?
というのが私の素朴な疑問な訳です。

で、その手口としてはオンラインゲームを
紹介することで、配当金を割り当てられるというもの。
まさに「マルチ商法」

しかし、オンラインゲームにおいて「友達紹介」というのはよくある話。
友達紹介キャンペーンなどで、ゲーム内アイテムが手に入ったりするし
ツイッターでフォロワーになることで抽選でプレゼント。というのも少なくありません。

つまり、普通にオンラインゲームをプレイした人間や
オンラインゲームを遊んだことがある人は
友達紹介で現金が配当される。というのは、あまりにも怪しすぎる訳で現実離れしているのです。

で、紹介されていた消費者庁が提供している
下記のニュースリリースを確認させてもらいました

インターネットを用いたオンラインゲーム事業の紹介者を募集する

具体的な勧誘事例を紹介されており確認することができます。
その中で下記のような一文があります。

オンラインゲームは、世界初の対戦型リアルマネーゲームであり、アジアを中心に展開する予定である。
事業を行うために必要なライセンスの取得申請をフィリピンで行っている。

さらに意味が分からなくなりました

「なんだ、対戦型リアルマネーゲームって?」
「なぜ取得申請にフィリピンなんだ? 日本でサーバー立てろよ」

そんな疑問も先を読んでいくとようやく解決されます。

オンラインカジノは発展する事業である
登録料を払う必要はあるが、イントロデューサーになれば払った登録料以上にもうかる
という趣旨のことを言った。

はい、納得。「eludeは理解した!」
と、コマンドテキストが表示された訳です。

オンラインゲームと言いながらこの事業そのものが「オンラインカジノ」であった訳です。
「趣旨のこと」と言っているので正確ではないですが、遠くもないでしょう。
ここまで来ると、私の認識しているオンラインゲームとはかけ離れており
すでに違法性、法律スレスレのグレーなものでしかありません。

こんなものに投資を求めることと共に
投資すること自体が間違っているとしか言えない。

しかし、どうして「オンラインゲーム」という触れ込みをしたのだろうか。
理由は簡単だ。「オンラインカジノ」としては
グレー感が半端無く存在し、ユーザーを惹きこむことなどできないからだ。
そのため、上辺だけを繕うために「オンラインゲーム」という言葉を使って
セミナーや説明会を行ったという訳だ。

実際、私が疑問に思ったように
オンラインゲームを触れたことがあるユーザーなら
そもそも論として破綻していることに気付く

 - ヨモヤマ