elude丸

日々の思い描くことをツラツラと綴るブログ

*

新しい「テレビ放映される映画」の観方かも?

      2015/08/24


今週の金曜日。本日だが「サマーウォーズ」がTV放映される。

s-wars

サマーウォーズを見る前に読んでほしい記事!

そんな状況に合わせて、こちらの記事

映画『サマーウォーズ』のセキュリティ描写に、大人げなくツッコんでみる

昨日、Yahooのトピックスにランクインし読んでみるとなかなかに面白い記事
内容に関しては是非とも読んで頂きたいと思う。
いや、「サマーウォーズ」を見る前に読んでおくことをオススメする。
なぜなら、新しい「TV放映される映画」の観方になるかもしれないからだ。

テレビで映画が放映され始めたのはいつだろう?

テレビで映画が放映されるようになったのはいつからだろうか。
私が幼少の頃。記憶がある中ではすでに淀川長治先生が
いつものフレーズで映画を紹介していた。
それほど昔からされていたテレビ放送の1つの番組

しかし、最近では放映する番組枠がドンドン少なくなる。
昔は全国ネットのキー局にそれぞれ1つの番組が存在していたが
今では1~2個しか残っていない。

また、放映される内容にも偏りが多く。
1つ、次回作が近日公開されることから、映画宣伝ありきの旧作の放映
1つ、主役級のタレントや監督の新作が放映されるため、旧作の出演作品の放映
1つ、固定ファンが存在する人気作の放映
1つ、シリーズ物の序盤作品だけを放映し、その後の展開をVODやレンタルに向けるためのマーケティング
など

以上がココ最近の映画をテレビ放映するときに感じるマーケティングの判断基準。
今回のサマーウォーズも監督の新作が近々公開されるからで
紹介した中に含まれている。

このように並び立てることで何が言いたいのかというと
放映される映画に偏りが多いに存在しており
目新しい映画に出会う機会がまったくなくなった。

これは無名や万人受けしそうではない映画では
視聴率が取ることができず、結果、広告収入を失う危険があるため
どうしても、上記のような偏りが発生し
それ以外のハブられた映画はゴールデンタイムに放映されなくなった。
(深夜枠では、興味深いのを放映してくれるのはテレビマンの矜持な気がする)

良くも悪くもマーケティングを意識し
視聴率を取れる作品を選ぶからこそ、過去に視聴率が良くなかった作品は
二度と放映されることなく、厳選枠から淘汰され
結果、厳選枠に残ったのは、宮崎アニメとハリーポッターという、演技力に難ありな作品ぐらい。

しかし、今回上記で紹介した記事に出会ったことで
新しい「TV放映にされる映画」の観方ができるのでは? と思ったのだ。

で、新しい観方ってなんなのさ?

どういう観方かというと、放映される映画に対して新しい観方を提供する。
それは映画への全編を通した「ツッコミ」である。
今回で言うと、しっかりとした専門家からみたサマーウォーズへのツッコミだ。
AIがどうして暗号文を解読できなかったのか? などなど
それを見ていると、その場面を自分でみて、改めて確認したくなる。

そういう意味では、ツッコミをされると
その部分が気になり、自分は同じように感じるのか見たくなる。

しかし、この手法いろいろと問題もある。
あまりにもツッコミの記事が早過ぎると
ユーザーがレンタルDVDやVODにて作品を視聴してしまい
視聴率につながらない。しかし、今回の記事のように
数日前となると、じゃあ少し待ってテレビで見てみようか。
という気になり、視聴率へと繋がるのではないか。

また、ツッコミに関しても生半可なものでは効果が無い。
例えば私のような人間がツッコミをいれたところで効果は皆無。
しかし、作品の製作陣や出演者。もしくは今回のような専門家など
もう一度、そのシーンを見たくなるようなツッコミが良いので
辛辣なほど、その効果は高いような気がする。

 - 映画